胴上げにまつわるエピソードやトリビアを紹介!知っておきたい胴上げの豆知識

スポーツ

胴上げとは、人を手や肩に担いで、その人を高く持ち上げる行為のことを指します。胴上げは祝い事やお祭りなどで行われることが多く、特にスポーツの試合や祭りのパレードなどで見られます。胴上げの由来は、諸説ありますが、主に以下のような説があります。

まず、古代ローマ時代には、戦士たちが勝利を収めた際に仲間たちに担がれて、祝福を受ける習慣があったとされています。この習慣が、中世ヨーロッパにおいても、戦士たちが勝利を収めた際に行われるようになり、その後、庶民にも広まったと言われています。

また、日本においても、江戸時代には、相撲の力士たちが勝利を収めた際に、担がれることがありました。この習慣は、明治時代に入ってからも続き、現在でも相撲の優勝者が胴上げされる光景を見ることができます。

さらに、胴上げは、船を漕ぐ際に、船員たちが船を持ち上げて進む「漕ぎ胴」という技術に由来するという説もあります。この説によると、漕ぎ胴を行うことで船を速く進めることができたため、勝利や成功の象徴として、胴上げが行われるようになったとされています。

また、胴上げは、危険な状況から救出された人を担いで祝福する習慣としても行われています。このような状況で胴上げが行われることが多いのは、担がれる人が命を助けられたことに感謝し、祝福を受けることができるからだと考えられています。

以上のように、胴上げの由来には諸説ありますが、いずれにせよ、勝利や成功、祝福などを表す習慣として、古代から現代に至るまで続いていることがわかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました