ゴールデンウィーク(GW)2023:子連れ家族が避けたい混雑スポット5選 – 快適な休日を過ごすためのアドバイス

アウトドア

はじめに

ゴールデンウィークは楽しい休日の一つですが、同時に観光地や人気スポットが混雑することでも知られています。子連れの家族にとって、混雑した場所を避けることは、ストレスフリーで快適な休日を過ごすために重要です。そこで、今回はゴールデンウィークに子連れ家族が避けたい混雑スポットを5つご紹介します。

混雑スポット1:ディズニーランド・ディズニーシー

ゴールデンウィークは、東京ディズニーランドとディズニーシーが非常に混雑する時期です。アトラクションの待ち時間が数時間に及ぶことも珍しくありません。子連れ家族にとって、待ち時間が長いとストレスが溜まることがあります。

  • 代替案:

ゴールデンウィーク以外の時期にディズニーランドやディズニーシーを訪れるか、近隣のテーマパークや遊園地を利用することを検討しましょう。

混雑スポット2:上野動物園

上野動物園は、ゴールデンウィークに多くの家族連れで賑わいます。特に休日と連休初日は、入場制限がかかることもあります。

  • 代替案:

都内には他にも多くの動物園や水族館があります。井の頭恩賜公園自然文化園や葛西臨海水族園など、比較的混雑が少ない施設を訪れることをおすすめします。

混雑スポット3:東京スカイツリー

ゴールデンウィークには、東京スカイツリーも非常に混雑します。展望台への入場待ち時間は長く、子どもが疲れやすい状況となります。

  • 代替案:

都内の他の展望スポット、例えば東京都庁展望室や六本木ヒルズ展望台を利用するか、スカイツリーを遠くから眺めるスポットを訪れることをおすすめします。

混雑スポット4:横浜中華街

ゴールデンウィーク期間中、横浜中華街は観光客でごった返します。レストランの待ち時間も長くなりがちで、子連れ家族にはストレスフルな状況となることがあります。

  • 代替案:

横浜市内には他にも多くのグルメスポットがあります。元町ショッピングストリートや横浜赤レンガ倉庫での食事を検討するか、ゴールデンウィーク以外の時期に中華街を訪れましょう。

混雑スポット5:お台場

お台場も、ゴールデンウィークには多くの観光客が訪れるため、混雑が予想されます。ショッピングモールやレジャー施設が集まるエリアですが、子どもと一緒に過ごすにはストレスが溜まりやすい状況です。

  • 代替案:

都内には他にもショッピングやレジャーを楽しめるスポットがあります。六本木ヒルズや池袋サンシャインシティなど、比較的混雑が少ない施設を選ぶか、ゴールデンウィーク以外の時期にお台場を訪れましょう。

まとめ

ゴールデンウィークは楽しい休日ですが、子連れ家族にとって混雑する場所はストレスが溜まる原因となります。今回ご紹介した5つの混雑スポットを避け、代替案を利用することで、快適な休日を過ごすことができます。家族で楽しめる穴場スポットも多く存在しますので、計画的に休日を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました